ホーム»料理» 【料理】野菜嫌いにも食べやすいニンジンと玉ねぎ使ったポタージュスープの作り方
a

【料理】野菜嫌いにも食べやすいニンジンと玉ねぎ使ったポタージュスープの作り方

料理

以前に作ったポタージュスープが大好評だったので、書き置きも含めてこちらでレシピを紹介します。
小難しいテクニックが不要なので、料理初心者でも簡単に挑戦しやすい手順となりますので普段あまり料理を作らない人も是非試してみてください。

メニューは、オムライスとニンジンとたまねぎのポタージュスープです。オムライスはうちの定番レシピがあるので、そちらのレシピを残してしておきます。

ポタージュスープは小さなお子様のいる家庭には特におすすめしたいメニューです。
野菜嫌いでそのままでは、中々食べてくれないといったご家庭でもスープなら快く食べてくれる可能性がありますよ。

こんな時にオススメ出来るレシピです。
・ニンジンが沢山余ってるので、そろそれ消費しないといけない。
・小さなお子様の野菜嫌いで、固形の野菜を食事に出すと中々食べてくれない。
・あと一品追加したいけど、毎回みそ汁やコンソメスープだと同じものばかりな気がする。

オムライスのレシピ

使用した食材

ウィンナー:2本

ニンジン:1/2本

たまねぎ:小1個

ピーマン:1個

白ごはん:2合(冷ごはんでも大丈夫です。)

たまご:4個

味付用の材料

ケチャップ:大さじ8

ウスターソース:大さじ1

砂糖:小さじ2

塩:小さじ1

こしょう:少々

牛乳:大さじ6

※味付用は他の方がナポリタン用のレシピで掲載していたソースのものです。

調理方法

  1. 味付用の材料を全て容器に入れ混ぜ合わせておきます。
  2. 野菜(ニンジン・たまねぎ・ピーマン)はみじん切りにします。ウィンナーは薄めの輪切りで大丈夫です。
  3. ニンジンは耐熱容器に入れ、レンジ(600w~800w)で1分弱加熱しておくとやわらかくなります。
  4. 中火くらいで熱したフライパンに油の変わりにバター10g程溶かしておきます。
  5. 野菜とウィンナーをフライパンに投入し炒めます。
  6. ウィンナーに焼き色が着きだしたら、白ごはんを投入します。
  7. 白ごはんと既にフライパンに入っている食材が満遍なく混ざるように更に炒めていきます。(※焦げそうなら火加減を弱めるなどの調整はしてください。)
  8. ピラフ?炒飯?の様な見た目になってきたら、1.の味付用ソースをフライパンに投入します。
  9. ソースが満遍なく混ざるように炒めていきます。(※ソースを入れると焦げやすくなることに注意してください。)
  10. 通称ケチャップライスが出来たらフライパンの火はとめておきます。
  11. フライパン(小さめ直径18㎝以下の丸形)に油を少し多め(大さじ1強)に入れ中火にかけます。熱したフライパンに油を回してください。
  12. 溶き卵をフライパンに流し込み、フライパンの中に敷物をつくるように菜箸でかき混ぜながら円形に広げます。
  13. 半分程度固まってきたら火を弱めて、フライパンをゆらしてたまごが滑っているなら、ケチャップライスを中心にのせていきます。
  14. お皿に被せるようにオムライスをフライパンから移します。
<strong>komori</strong>
komori

お子様がいらっしゃる場合、たまごにケチャップで名前などを書くなども良いかもしれませんが、かけすぎにはご注意ください。


ニンジンとたまねぎのポタージュスープのレシピ

使用した食材

ニンジン:2本弱

たまねぎ:小1個

水:200ml

牛乳:250ml

ホイップ:50ml~100ml

調理方法

  1. ニンジンは半月切り、たまねぎも薄切りにします。(なるべく薄くしてください。)
  2. スープやみそ汁をつくる時につかう様な深鍋を弱火にかけ、バターを20~30g程度溶かします。
  3. ニンジン、たまねぎを炒めます。(焦がさないようにずっと弱火です。時々しゃもじ等で混ぜてください。)
  4. たまねぎの色が変わってクタクタになってきたら、水を入れて煮ます。(火加減変えずに弱火のまま蓋をして10分程度)
  5. 中のニンジンがしゃもじ等で潰せるくらいまでやわらかくなってきたら、火を止めて潰しながら混ぜていきます。
  6. 粗熱がとれたら、ミキサーやブレンダーでペースト状にします。(やけどに注意です。)
  7. ペースト状になったものを再び鍋に戻し、牛乳を加えて弱火にかけながら混ぜ合わせます。
  8. ホイップを好みで混ぜ合わせることでよりコクがでます。
  9. ボウル、スープマグなどの容器に注いだ後に余ったホイップを垂らすと少しオシャレ感が出せます。

コツ・ポイント

オムライスは、元々ナポリタン用のソースのレシピとしていたものを流用しています。
通常のケチャップで作るものと違って、牛乳を使用することで酸っぱさがマイルドになりケチャップの強い酸味が苦手な人や、お子様が好んで頂ける味付けになります。

オムライス作り最後のたまごで包む工程は、包むというよりライスにたまごを被せるイメージですると良いと思います。

ポタージュスープは炒める、煮る工程で野菜のうまみがしっかりと出ます。
焦げないように火加減は弱火を維持しながらじっくりと調理してください。

また、ミキサーやブレンダーをしっかりめに使い、ペースト状の離乳食のような状態になればきめ細かい滑らかなポタージュに仕上がります。

今回はニンジンでスープを作りましたが、かぼちゃを使えば同じ工程でかぼちゃのポタージュがつくれます。冷蔵庫の中のニンジンやかぼちゃなどの野菜を大量に消費したい時にも使えるレシピです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました