komori

vba

VBA|IsError関数は指定した値や式をエラーか判定する

エクセルVBAには値や式がエラーであることを判定する関数のIsError関数があります。IsError関数はエラーを判定したときにTrueを返します。こちらの記事ではVBAのIsError関数の使い方をサンプルマクロつきで解説しています。
vba

VBA|IsNull関数は指定した値にNullがふくまれるかを判定する

エクセルVBAにはNull(ヌル)であることを判定する関数のIsNull関数があります。Nullとは0や空文字・Emptyとも異なり、なにもない状態をさします。こちらの記事ではVBAのIsNull関数の使い方をサンプルマクロつきで解説しています。
vba

VBA|IsArray関数で変数が配列かどうかを判定するマクロをつくる

VBAのIsArray関数は変数が配列かどうかを判定します。IsArray関数は配列をつかったマクロに利用することで条件分岐やエラーハンドリングに使うことができます。本記事ではVBAのIsArray関数の使い方をサンプルマクロつきで解説しています。
vba

VBA|IsEmpty関数は変数が初期化されているかを判定する

VBAには値や変数を判定する関数がいくつか存在します。そのうちのひとつにIsEmpty関数があり、この関数は指定した変数が初期化されている、またはEmptyが設定されいるかを判定して、結果を真偽値であるTrueまたはFalseで返します。VBAのIsEmpty関数の使いかたや、サンプルマクロを紹介しています。
vba

VBA|IsObject関数で値や変数がオブジェクトかどうかを判定するマクロをつくる

VBAには値や変数を判定する関数がいくつか存在します。そのうちのひとつにIsObject関数があり、この関数は指定した変数がオブジェクト変数であるかを判定し、結果を真偽値としてTrueまたはFalseを返します。ここでは、VBAのIsObject関数の使いかたや、サンプルマクロを紹介しています。
vba

VBA|IsDate関数で値や変数が日付かどうかを判定するマクロをつくる

VBAには値や変数を判定する関数がいくつか存在します。そのうちのひとつにIsDate関数があり、この関数は指定した値や変数が日付かどうかを判定し、結果を真偽値としてTrueまたはFalseを返します。ここでは、VBAのIsDate関数の使いかたや、サンプルマクロを紹介しています。
vba

VBA|IsNumeric関数で値や変数が数値かどうかを判定するマクロをつくる

VBAには値や変数を判定する関数がいくつか存在します。そのうちのひとつにIsNumeric関数があり、この関数は指定した値や変数が数値かどうかを判定し、結果を真偽値としてTrueまたはFalseを返します。ここでは、VBAのIsNumeric関数の使いかたや、サンプルマクロを紹介しています。
vba

VBA|コレクション(Collection)でオブジェクトをまとめて処理をする

VBAのコレクション解説ブログ:効果的なデータ管理と処理を実現するVBAのコレクションについて、基本から応用まで詳しく解説します。VBA初心者にもわかりやすい、画像やサンプルコードつきで役立つ情報満載!
vba

VBA|列挙体(Enum)を使うと表の見出しの増減に強いマクロができる

VBAには列挙体(Enmu)と呼ばれるものがあります。列挙体を一言でいえば、複数の定数を管理するために便利なもので、エクセルの表からデータを検索・抽出するマクロに利用すれば表の変化に対応がカンタンです。ここでは、列挙体の基本的な使い方やメリットについて紹介しています。
vba

VBA|文字列を処理するときに使える文字列関数21選

エクセルVBAには、ワークシート関数と同じように多数の関数が用意されています。関数の利用は、効率よくマクロを作るうえで有効な方法です。関数は目的によって種別がわかれますが、ここでは文字列操作(検索・置換・抽出・挿入・削除)ができる関数の使い方や効果をコードのサンプルつきで紹介します。