プログラミング

vba

VBA|IsArray関数で変数が配列かどうかを判定するマクロをつくる

VBAのIsArray関数は変数が配列かどうかを判定します。IsArray関数は配列をつかったマクロに利用することで条件分岐やエラーハンドリングに使うことができます。本記事ではVBAのIsArray関数の使い方をサンプルマクロつきで解説しています。
vba

VBA|IsEmpty関数は変数が初期化されているかを判定する

VBAには値や変数を判定する関数がいくつか存在します。そのうちのひとつにIsEmpty関数があり、この関数は指定した変数が初期化されている、またはEmptyが設定されいるかを判定して、結果を真偽値であるTrueまたはFalseで返します。VBAのIsEmpty関数の使いかたや、サンプルマクロを紹介しています。
vba

VBA|IsObject関数で値や変数がオブジェクトかどうかを判定するマクロをつくる

VBAには値や変数を判定する関数がいくつか存在します。そのうちのひとつにIsObject関数があり、この関数は指定した変数がオブジェクト変数であるかを判定し、結果を真偽値としてTrueまたはFalseを返します。ここでは、VBAのIsObject関数の使いかたや、サンプルマクロを紹介しています。
vba

VBA|IsDate関数で値や変数が日付かどうかを判定するマクロをつくる

VBAには値や変数を判定する関数がいくつか存在します。そのうちのひとつにIsDate関数があり、この関数は指定した値や変数が日付かどうかを判定し、結果を真偽値としてTrueまたはFalseを返します。ここでは、VBAのIsDate関数の使いかたや、サンプルマクロを紹介しています。
vba

VBA|IsNumeric関数で値や変数が数値かどうかを判定するマクロをつくる

VBAには値や変数を判定する関数がいくつか存在します。そのうちのひとつにIsNumeric関数があり、この関数は指定した値や変数が数値かどうかを判定し、結果を真偽値としてTrueまたはFalseを返します。ここでは、VBAのIsNumeric関数の使いかたや、サンプルマクロを紹介しています。
vba

エクセルVBA|FindメソッドやInStr関数で文字列を検索する

VBAで文字列を検索するには、FindメソッドやInStr関数を使います。Findメソッドはセル範囲内の条件に一致するセルを検索し、FindNextメソッドとFindPreviousメソッドとあわせて使うことで継続的な検索をします。InStr関数は、文字列内の部分文字列の位置を返します。ここでは、それぞれの使い方や注意点をサンプルコードを使いながら説明しています。
vba

エクセルVBA|差し込み印刷マクロをつかって請求書を連続で印刷する

エクセルVBAで差し込み印刷するマクロの作り方を解説。顧客リストや販売記録から請求書を自動作成・印刷できる便利なツールです。このマクロを使えば、毎月の請求書作成業務が簡単になります。手間やミスを減らして、時間とコストを節約できます。
vba

エクセルVBA|印刷作業をワンクリックに。PrintOutメソッドをあつかうマクロ

仕事などでエクセルを印刷する場面があります。特に大量に印刷が必要なときにすべて手作業だと負担に感じる。また、他にもやりたい仕事があるのにできなくてイライラしてしまう。それなら印刷はマクロでワンクリックにしませんか。本記事ではエクセル上に書いたものを印刷するマクロの作り方を紹介します。
vba

エクセルVBA|マクロでマウスの移動やクリックを操作する方法

マウスを操作するマクロをつくるためには、事前にWindows API関数を宣言しておく必要があります。『API』は、プログラミングの世界ではよく登場する言葉ですが『Application Programming Interface』の頭文字...
vba

エクセルVBA|Dir関数の使い方とファイルやフォルダの存在をチェックする方法

エクセルVBAのDir関数に関する情報をまとめています。Dir関数はファイル名やフォルダ名の一覧を取得したり、ファイルが存在するかの確認などにつかえる関数です。VBAでDir関数をつかったマクロを作る方法、応用例や注意点を紹介しています。