プログラミング

vba

VBA|GetBaseNameメソッド(ファイルシステムオブジェクト)

GetBaseNameメソッドは、指定したパスの末尾のフォルダやファイルの拡張子名をのぞく名前を文字列として返します。 ※ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)についてはこちら GetBaseNameメソッドの構文...
vba

VBA|GetDriveメソッド(ファイルシステムオブジェクト)

GetDriveメソッドは指定されたパスのドライブのDriveオブジェクトを返します。 ※ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)についてはこちら GetDriveメソッドの構文 構文 ファイルシステムオブジェクト....
vba

VBA|GetDriveNameメソッド(ファイルシステムオブジェクト)

GetDriveNameメソッドは指定されたパスのドライブ名を含む文字列を返します。 ※ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)についてはこちら GetDriveNameメソッドの構文 構文 ファイルシステムオブジェ...
vba

VBA|GetExtensionNameメソッド(ファイルシステムオブジェクト)

GetExtensionNameメソッドは指定されたパスの末尾の拡張子名が含まれる文字列を返します。 ※ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)についてはこちら GetExtensionNameメソッドの構文 構文 ...
vba

VBA|フォルダ名を変更するマクロ(ファイルシステムオブジェクト)

フォルダの中に入っているサブフォルダ名に統一感がなく内容が読み取りづらいため改善したい、フォルダの名前をまとめて変更したい。これらはマクロを使うことで簡単に効率良く時間をかけずにできます。この記事ではフォルダ名を変更するマクロのサンプルコードと作り方のポイントを掲載しています。
vba

VBA|ファイル名を変更するマクロ(ファイルシステムオブジェクト)

フォルダの中に入っているファイル名に統一感がなく内容が読み取りづらいため改善したい、たくさんのファイルの名前をまとめて変更したい。これらはマクロを使うことで簡単に効率良く時間をかけずにできます。この記事ではファイル名を変更するマクロのサンプルコードと作り方のポイントを掲載しています。
vba

VBA|ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)でファイルやフォルダを操作する

VBAではファイルやフォルダを操作するときにつかえる便利なファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)の利用ができます。この記事ではファイルシステムオブジェクトをあつかうための方法や、使える機能(メソッドやプロパティ)を紹介しています。
vba

VBA|特定のセル範囲が更新されると起動するマクロ

VBAにはイベントプロシージャがあり、使用者のさまざまな操作をきっかけとして動作するマクロが作れます。この記事では特定のセル範囲が更新されたことをきっかけに動作するイベントプロシージャを利用してユーザーを補助するサンプルマクロを紹介しています。
vba

VBA|イベントプロシージャ一覧(ワークブックイベント)

VBAには数多くのイベントプロシージャがあります。イベントプロシージャは特定の操作をきっかけにするマクロになります。適切なイベントを指定することでマクロを利用する人を補助し、作業の効率や正確さを上げる効果をもたらす可能性があります。こちらの記事ではそんなイベントプロシージャのワークブック
vba

VBA|IsError関数は指定した値や式をエラーか判定する

エクセルVBAには値や式がエラーであることを判定する関数のIsError関数があります。IsError関数はエラーを判定したときにTrueを返します。こちらの記事ではVBAのIsError関数の使い方をサンプルマクロつきで解説しています。